各自の場所を決めておく

見栄えを良く見せよう

家族と一緒に住んでいる人は、全員の靴を1つの靴棚に入れると理解してください。
それぞれが適当に入れると、1人の靴があっちに行ったりこっちに行ったりしてしまいます。
すると靴を履きたい時に、どこに行ったのかわからなくなるでしょう。
混乱する事態を避けるために、家族ごとに収納場所を決めてください。
父親は1段目、母親は2段目というように1段ずつ使うのが良い方法です。

すると自分の靴がどこにあるのか把握しやすいですし、見栄えも良くなります。
靴は男性用や女性用、子供用とあります。
それぞれデザインやサイズが異なるので、複数の靴が並んでいると乱雑に見えます。
それよりもサイズやデザインを揃えた方が、綺麗に見えるでしょう。

背の高さに合わせよう

小さな子供は、靴棚の下の段を使わせてください。
すると子供でも手が届くので、簡単に整理できます。
大人は背が高いので、上の段でも問題ないでしょう。
小さい頃から子供にも、靴棚の整理をさせてください。
習慣づけることで、大きくなってからも自然と自分で靴を管理できるようになります。

また家族の中で特に靴をたくさん持っている人や、季節ごとに靴を履き替えることが多い人も下の段を使うのがおすすめです。
上の段に収納していると、靴を入れ替える作業が大変になります。
その人の都合に合わせて、棚を決めてください。
ずっと綺麗に整理するポイントは、棚の位置が決まったら変えないことです。
頻繁に変えると、自分の場所がわからなくなります。


この記事をシェアする