必要な靴だけ残そう

靴箱を綺麗に見せるポイントは、まずいらない靴を処分することです。
ボロボロになって履けない靴や、サイズが合わなくなってしまった靴は持っていても邪魔になるだけなので処分してください。
思い出が詰まっていて捨てられない靴は、靴棚以外の場所で保管するのがおすすめです。
また今の時期に履かない靴も、別の場所に収納しましょう。
季節ごとに靴を分けて、ボックスや収納ケースに入れるのが良い方法です。

空きスペースがなくなるように、収納することを意識してください。
靴の上にまだ空きスペースがあったら、棚板の間隔を調整しましょう。
突っ張り棒を使い、棚を増やす方法もあります。
今は便利な収納アイテムが増えているので、それを活用しても良いでしょう。
靴を上下にしまえるシューズホルダーが販売されているので、靴が多くて収納に困っている人は買ってください。
タオル掛けなど使い、靴箱の裏にバーを取り付けるとサンダルやパンプスをそこにかけて収納できます。

靴を収納する場所を決めてください。
例えば1段目は父親、2段目は母親というように段ごとに分けるのが良い方法です。
すると靴がどこに行ったのかわからなくなる事態を回避できますし、サイズの同じ靴が同じ段に並ぶので、見栄えが良くなるメリットも生まれます。
子供は背が低いので、上の段に届きません。
下の段を子供用のスペースにして履かない靴をしまうように指導しましょう。
すると、子供に整理整頓の能力が身に付きます。

おすすめリンク

収納する際のコツを知ろう

たくさんの靴があると、収納するのが難しくなります。 玄関をスッキリ見せたい場合は、その靴が本当に必要なのか判断しましょう。 汚れが取れない靴やずっと履いていない靴は、処分するのがおすすめです。 すると収納スペースが空いて、スッキリしまえるようになります。

どんどん収納スペースを増やす

空きスペースがあるともったいないので、棚を作って収納スペースにしてください。 すると、もっと靴をしまえるようになります。 工夫すれば棚を増やせますし、費用もそれほど掛かりません。 100円ショップで材料を揃えられるので、さっそく作業に取り掛かりましょう。

各自の場所を決めておく

どこに誰の靴を収納するのか、決めてください。 すると、靴をなくすことはありません。 見栄えもスッキリするので、メリットが多い収納方法です。 背の高い大人は上の段にして、背の低い子供には下の段を使わせましょう。 子供にも、自分で靴を収納させるのが良い方法です。